芳醇な魚介の風味がたまらない「一心屋」の「魚介中華そばのり玉」 【金沢ラーメンレポート】

f:id:ninomiya-shinta:20190911170138j:plain

「金沢ラーメンレポート」今回は「 一心屋」
濃厚魚介系ラーメンのパイオニアとして、16年間金沢のラーメンの第一線を走るお店です。
今回は「一心屋」の看板メニュー、「魚介中華そばのり玉」をいただいてきました!

芳醇な魚介の香り!「一心屋」の「魚介中華そばのり玉」

f:id:ninomiya-shinta:20190911181654j:plain

今回おじゃましたのは、金沢市北町にある「一心屋」。
SNSを使ったおトクなサービスでも話題の、男女問わずたくさんのお客さんが訪れる人気店です。

f:id:ninomiya-shinta:20190911170151j:plain 「魚介中華そばのり玉」(840円)

こちらが「魚介中華そばのり玉」(840円)!
魚介豚骨スープがたまらない中華そばに大判の海苔味玉が乗った、見た目にも華やかな一杯です。
スープや麺とトロトロの豚バラチャーシューが絶妙にマッチし、ごはんとの相性も抜群です!

f:id:ninomiya-shinta:20190911120338j:plain

「一心屋」のラーメンといえば魚介豚骨スープは外せません!
とろみのあるマイルドなスープからは少し甘みも感じられ、濃厚ながらくどさは全くなし
魚介と豚骨のバランスも良く、豊かな香りと深いコクが味わえます。

f:id:ninomiya-shinta:20190911120315j:plain
f:id:ninomiya-shinta:20190911120341j:plain

魚介豚骨の濃厚なスープにたっぷりの魚粉が入った、まさに魚の旨みが凝縮された一杯。
中には大量のカツオ節が溶け込んでおり、一口すするとカツオの風味が口いっぱいに広がります!
つるりとコシのある中太ストレート麺ともよく絡み、大満足の味わい!
濃口なのに最後まで飲み干してしまう人が続出するほどの魅力あるスープです。

f:id:ninomiya-shinta:20190911121059j:plain

ラーメンとしての見た目の高い完成度にも注目!
「ラーメンの見た目はデッサンと同じ」と話す店主の言葉通り、具材の配置にも余念がありません。
バランスのとれた美しい佇まいも見逃さないようにしてくださいね!

f:id:ninomiya-shinta:20190911120325j:plain

「ラーメン一筋な心」それが店名に込めた店主の想いだそう。
お客さん一人ひとりに、ラーメンに込められた店主の真心が伝わるような一杯でした。
オープンから今年で16年、常に新しいファンを増やし続けている「一心屋」。
いつもラーメンと真剣に、まっすぐ向き合った果てに作られた一杯だからこそ、お客さんの胸を打つ味わいになるんですね。

らーめん 一心屋

住所 石川県金沢市北町丁22
TEL 076-262-1483
営業時間 11:30-15:00、18:00-22:30
土日祝 11:30-22:30
定休日 無休
金沢情報Webで見る