【北陸の滝】「日本の滝百選」に選ばれている北陸の滝まとめ【北陸絶景巡り・滝編】

f:id:oishi-shogo:20190808145143j:plain

自然が作り上げた絶景”滝”
大きな音を立てて水が流れ落ちる姿は、いつまでも眺めていたくなるほど。
今回は北陸にある滝の中から「日本の滝百選」に選ばれている3つの滝をピックアップしてご紹介します!

【石川県】糸を引くような流れが美しい「姥ヶ滝」

f:id:oishi-shogo:20190806120844j:plain

石川県白山市にある「姥ヶ滝」は、白山白川郷ホワイトロード内にある滝。
まるで白髪の老婆が髪を振り乱したように見えることから、老女を意味する”姥”という名前になったそう。

落差は111mで、幅が40mの「姥ヶ滝」の正面には温泉と足湯スポットが。
滝の雄大さに感動したあとは、温泉でひと休みするのも気持ちいいですよ。

姥ヶ滝

住所 石川県白山市中宮(白山白川郷ホワイトロード内)
TEL 076-256-7341
(白山林道石川管理事務所)
アクセス可能時間 6月-8月:7:00-18:00(出口閉門19:00)
9月-11月:8:00-17:00(出口閉門18:00)
閉鎖期間 冬季通行止め期間
白山白川郷ホワイトロード利用料金 (片道料金)普通車/1,600円、軽自動車/1,400円


【福井県】マイナスイオンを全身で体感!「龍双ヶ滝」

f:id:oishi-shogo:20190806121058j:plain

北陸自動車道「福井IC」から車で40分ほど走れば見られる「龍双ヶ滝」
かつて"龍双坊"という修行僧がこの近辺に住んでいたことが、名前の由来なのだとか。

落差は約60mで幅が20mあり、岩肌をなだらかに滑り落ちる様子を真下から観ることができます。
水しぶきを浴びるほどの距離から、全身で滝の大きさを感じることができますよ。

龍双ヶ滝

住所 福井県今立郡池田町東青
TEL 0778-44-8060
(いけだ農村観光協会)
閉鎖期間 冬期(11月下旬-3月末頃)通行止め期間


【富山県】日本一の落差を誇る滝「称名滝」

f:id:oishi-shogo:20190806133351j:plain ©(公社)とやま観光推進機構

富山県中新川郡立山町にある「称名滝」は立山連峰が源流の滝。
落差が約350mあり、これは日本一の落差なのだそう。

少し低めの位置から始まる滝は、雪解けの時期にだけ現れる「ハンノキ滝」。
水煙を上げながら一気に流れ落ちる様子は迫力満点です!

称名滝

住所 富山県中新川郡立山町芦峅寺
TEL 076-462-1001
(立山町観光協会)
アクセス可能時間 7:00-17:30(例年4月下旬-6月、9~11月)、6:00-18:30(7-8月)
閉鎖期間 冬季


おわりに

暑い日が続く今日この頃。
海やキャンプもいいですが、山で滝を眺めるのもオススメ!
雄大な自然に心癒されてください〜!