【金沢】「国立工芸館」がついにオープン!日本海側初の国立美術館にさっそく行ってみました!【NEW OPEN】

f:id:oishi-shogo:20201024145741j:plain

10月25日、「東京国立近代美術館工芸館」通称『国立工芸館』がついにオープン!
日本で唯一の工芸の博物館が、東京から金沢にやってきました!

f:id:oishi-shogo:20191128193728j:plain 「第九師団司令部庁舎」

f:id:oishi-shogo:20191202084700j:plain 「金沢偕行社」

『国立工芸館』は日本で唯一の"工芸を専門とする国立美術館"
国の登録有形文化財である旧陸軍の「第九師団司令部庁舎」「金沢偕行社」の2つの建物を移築して活用した美術館です。
今回の移転で、日本海側初の国立美術館が誕生することとなったんです!

f:id:oishi-shogo:20191127121835j:plain 格子状の天井や漆喰の壁など当時の建築意匠を再現。

過去に撤去された部分も復元し、外壁や窓枠の色も明治期の建設当時を再現したという内装。
明治のモダンな雰囲気が、金沢の風情にもぴったりです!

f:id:oishi-shogo:20191126195326j:plain こちらはケヤキ造りの階段。重厚な雰囲気です。

ケヤキ造りの階段など明治期の洋風建築の雰囲気が残る意匠も。
建築物としても一見の価値アリです!

f:id:oishi-shogo:20201024150412j:plain

f:id:oishi-shogo:20201024150419j:plain

作品は、旧工芸館が所蔵する美術工芸作品のうち、重要無形文化財保持者(人間国宝)や日本芸術院会員の作品をはじめとする1900点以上が移転!
それらの作品の一部が、大きく分けて3つの展示室で展示されています。

並ぶ作品はどれも作家さんの豊かな感性を感じられるユニークなアートばかり。
「工芸」に馴染みがない人でもかなり楽しみやすい展示になっていますよ!

f:id:oishi-shogo:20201024150403j:plain

工芸作品の展示だけでなく、ミュージアムショップや図書ライブラリーなどもある『国立工芸館』
金沢の新たな観光スポットに、ぜひ足を運んでみてくださ〜い!

東京国立近代美術館工芸館『国立工芸館 (通称)』

住所 石川県金沢市出羽町3-2
TEL 050-5541-8600
営業時間 9:30-17:30 (最終入館 17:00)
定休日 月曜日(祝休日の場合は翌平日)、年末年始、展示替期間
入館料 展覧会による