第7ギョーザの店の「ホワイト餃子定食」

f:id:oishi-shogo:20190801121459j:plain

カリカリに焼けた皮、あふれる肉汁…。
金沢の名物グルメ「ホワイト餃子」には、何度でも食べたくなる魅力がつまっています!
今回は金沢市民が通い詰める「ホワイト餃子」の有名店「第7ギョーザの店」におじゃましました〜!

20190805183534



f:id:oishi-shogo:20190730175015j:plain

金沢市もりの里にある「第7ギョーザの店」は、山川環状線沿いにある餃子専門店。
かなり広めの駐車場で、なんと100台分のスペースがあります!

f:id:oishi-shogo:20190729133735j:plain

f:id:oishi-shogo:20190729133755j:plain

1Fはカウンター席で、餃子が焼き上がる様子を間近で見ることができます。
2Fと3Fは有料の個室で、中には80名席の大部屋も!
普段使いから忘年会などの宴会まで、地元の人の暮らしに文化として根付いています。

f:id:oishi-shogo:20190729133737j:plain

今回オーダーしたのは「ホワイト餃子定食(中)」(716円)。
ホワイト餃子10個にライスと味噌汁がついてきます。

「第7ギョーザの店」には「焼き餃子」や「水餃子」、小籠包風の「蒸し餃子」などがありますが、お店の看板メニューといえば「ホワイト餃子」
ちなみに「ホワイト餃子」は登録商標で、北陸で味わえるのは「第7ギョーザの店」だけなんですよ〜!

f:id:oishi-shogo:20190801172540j:plain

お店の餃子はすべて店内で手作り
金沢市中央卸売市場から仕入れた地元の素材を使ったタネも、ここで作られているそうです!

f:id:oishi-shogo:20190729133749j:plain

カリカリに揚がった表面からは想像もつかないモチモチ感も「ホワイト餃子」の魅力のひとつ。
独特な食感のヒミツはその”焼き方”!
油をたっぷり注いだフライパンで揚げるように焼くことで、皮の表面に集中的に熱が入るんですって。

f:id:oishi-shogo:20190729135137j:plain

餃子のタレは卓上にある調味料を使って作りましょう。
甘みの強い大野醤油と、複数の米酢をブレンドしたオリジナルの酢を混ぜて作るタレは絶品。
オススメの配合比は、醤油7:お酢3だそうですよ♪

f:id:oishi-shogo:20190729133746j:plain

ぎっしりつまったタネからは、噛むたびにジュワッと溢れる肉汁が!
野菜とお肉の旨みがギュッとつまったタネと香ばしく揚がった皮の味は、一度食べたらまた食べたくなること間違いなしです。

平日のお昼でも行列の絶えない超人気店「第7ギョーザの店」。
金沢市民のソウルフード「ホワイト餃子」を、ぜひ一度味わってみてくださいね。

第7ギョーザの店

住所 石川県金沢市もりの里1-259
TEL 076-261-0825
営業時間 11:00-翌2:00
定休日 水曜
公式Webサイトで見る