【2021最新版】「金沢21世紀美術館」特集!絶対に外せない見どころを徹底調査してきました!

f:id:oishi-shogo:20210319153037j:plain

金沢観光で絶対に外せないスポットのひとつ「金沢21世紀美術館」
テレビや雑誌、SNSなどで目にすることも多い有名な美術館を総力特集!
見どころをまとめてご紹介します♡

「金沢21世紀美術館」について紹介!

f:id:oishi-shogo:20210316185721j:plain

「金沢21世紀美術館」は、2004年に開館した現代美術館。
金沢市の中心部にあって、兼六園や金沢城公園など別の観光スポットからも徒歩圏内の大人気観光スポットです!

f:id:oishi-shogo:20210316185921j:plain

建築コンセプトは『まちに開かれた公園のような美術館』
円形の建物にすることで"正面"という概念がなく、いろんな場所から館内に入ることができます!
また、美術館の外と中の境界をなくすために、外と接する壁は全てガラス張り。
光が差し込む開放感も素敵な美術館に仕上がっているんですって!

館内の見どころスポット紹介!

そんな「金沢21世紀美術館」は、ウェディングフォトのロケーションにもよく選ばれるほどどこを切り取ってもおしゃれな写真が撮れちゃう美術館
そこで今回は、美術館内でここだけは押さえておきたいスポットを紹介していきます!

1.スイミング・プール

f:id:oishi-shogo:20210316190711j:plain レアンドロ・エルリッヒ《スイミング・プール》2004年

まずはおなじみの『スイミング・プール』
「光庭」の床下に設置されたプール型の作品です。
こちらを目当てに美術館を訪れる人も多いのではないでしょうか?
まるで水の中にいるかのように感じる、とっても不思議な体験ができます!

f:id:oishi-shogo:20210316190755j:plain レアンドロ・エルリッヒ《スイミング・プール》2004年

『スイミング・プール』は中からだけでなく、上からの鑑賞も楽しめます!
水の中からこちらを見上げている人影に手を振ったりして、その場にいる人とのコミュニケーションも楽しめちゃいますよ〜!

(※地下部に入るには、展示室6に入場することができる展覧会チケット購入が必要。金額は展覧会により変動。)
(※地上部のみの場合は、いずれかの主催展チケットが必要。)

該当チケットをチェック!

2.緑の橋

f:id:oishi-shogo:20210316191002j:plain パトリック・ブラン《緑の橋》2004年

館内の廊下をまたぐようにつくられた、植物に覆われた壁の作品『緑の橋』
春はウツギやシャガ、夏はギボウシやアジサイ、秋はハギ、冬はツワブキなど、シーズンに合わせて作品そのものの見た目が変化していく、文字通り生きている作品です。

f:id:oishi-shogo:20210316191009j:plain

ここでは、金沢の気候に適した約100種類の植物が自生しています。
壁の表と裏で日当たりなどの気候条件が違うので、それぞれ違った作品の表情が楽しめますよ〜!

3.アリーナのための クランクフェルト・ ナンバー3

f:id:oishi-shogo:20210316190917j:plain フロリアン・クラール《アリーナのための クランクフェルト・ ナンバー3》2004年

金沢21世紀美術館の建物を取り囲む芝生に設置された作品『アリーナのための クランクフェルト・ ナンバー3』
屋外にある、無料で楽しむことができる作品です!

f:id:oishi-shogo:20210316190904j:plain フロリアン・クラール《アリーナのための クランクフェルト・ ナンバー3》2004年

屋外のあちこちに設置されているチューバ状の管は全部で12個。
2つの管が地中でつながって対になっていて、管を通じて会話することができる作品です。
自分の目の前にある管がどことつながっているのか探してみたり、聞こえてくる声に返事をしたりするのも楽しそうですね♪

4.市民ギャラリー 2004.10.09 -2005.03.21

f:id:oishi-shogo:20210316191246j:plain マイケル・リン《市民ギャラリー 2004.10.09 -2005.03.21》2004年

無料で入れる「交流ゾーン」の「市民ギャラリーA」という展示室の壁の一面を使った作品『市民ギャラリー 2004.10.09 -2005.03.21』
伝統工芸の"加賀友禅"をモチーフにして作られたポップな作品は、開館当初からの人気フォトスポットです!
休憩スペースなので、もちろんイスに座るのもOKですよ!

f:id:oishi-shogo:20210316191059j:plain マイケル・リン《市民ギャラリー 2004.10.09 -2005.03.21》2004年

壁画のデザインは、その時開催されている特別展によっては別のデザインになることも。
公式Webサイトでの情報公開もしていないので、行ってみてのお楽しみにするか、電話での確認がオススメですよ〜!

5.球体のパビリオン「まる」

f:id:oishi-shogo:20210316191444j:plain 妹島和世+西沢立衛/SANAA《球体のパビリオン「まる」》2016年

開館10周年を記念して2016年に屋外に設置された『球体のパビリオン「まる」』
実はこちらは作品ではなく、建築物として設置されたもの。
中に入ることもできる休憩スペースとして作成されたそうですよ!

f:id:oishi-shogo:20210316191450j:plain 妹島和世+西沢立衛/SANAA《球体のパビリオン「まる」》2016年

球体が積み重なってできていて、見る人によって雲に見えたりブドウに見えたり、掴み所のない不思議な雰囲気が魅力。

球体にグッと近づいてみたり、中に入ってみたり…。
いろんな角度から写真を撮ってみてくださいね♪

6.「交流ゾーン」のラビットチェア

f:id:oishi-shogo:20210316191532j:plain

こちらもSNSでおなじみの「ラビットチェア」
名前どおりウサギの耳の形を模したような形をしていて、このイスもSANAAの2人によってデザインされたものなんですって!

f:id:oishi-shogo:20210316191537j:plain

ここで写真を撮るために並ぶ人も多い人気フォトスポット。
実は1Fの交流ゾーンだけでなく、地下のコインロッカー前にも同じイスが並んでいます! 地下は比較的空いていることが多いので、1Fが混んでいるようならそちらに行くのもオススメです!

品揃え豊富なミュージアムショップも見逃せない!

f:id:oishi-shogo:20210317135656j:plain

ミュージアムショップは、フェンスに囲われた2つのスペースで営業。
「Shop1」では、オリジナルポストカードや展覧会カタログをはじめ、美術館や金沢ならではのグッズを販売!
「Shop2」では、地元作家のハンドメイド作品など、期間ごとに多彩なフェアを実施しています。

f:id:oishi-shogo:20210317135709j:plain 「Shop1」の人気商品は、展覧会の図録を入れるオリジナルグッズ「トートバッグ ZUROKKING (ズロッキング)」(3,300円)。

f:id:oishi-shogo:20210317135713j:plain 「Shop2」で取材時の人気商品は金沢の伝統工芸材料の金をモチーフにしたハンドメイドのしおり「claudeの金蒔絵ブックマーク」(693円)

TEL 076-236-6072
営業時間 10:00-18:30
(金・土曜日は20:30まで)
定休日 月曜(月曜が休日の場合翌平日)、年末年始

カフェレストラン「Fusion21」でひと休み!

f:id:oishi-shogo:20210317142346j:plain

「総合案内・チケット販売」横にあるカフェレストラン「Fusion21」
ここでは、加賀野菜をはじめ地元食材を取り入れたメニューを味わうことができます!

f:id:oishi-shogo:20210317142351j:plain

カフェ利用でおすすめのメニューが「金沢ぱふぇ」(950円)!
加賀野菜のひとつ"五郎島金時"の大学芋・さつまいもチップスをはじめ、白玉やソフトクリーム、季節のフルーツがたっぷりのった贅沢な一品!
九谷焼の彩り鮮やかなお皿にも注目ですよ♡

Fusion21

TEL 076-231-0201
営業時間 10:00-17:00
定休日 月曜(月曜が休日の場合翌平日)、年末年始

休館の予定は必ずチェック!

f:id:oishi-shogo:20210317143400j:plain

「せっかく「金沢21世紀美術館」にきたのに休館で入れなかった…」
そんなことが起こってしまわないように、休館については確実にチェックしておきましょう!


開催中の展覧会情報はこちら!

f:id:oishi-shogo:20210317144542j:plain

「金沢21世紀美術館」では年間を通じてさまざまな展覧会が開催されます。
最新情報については公式Webサイトをチェックしてみてくださいね!


おわりに

f:id:oishi-shogo:20210317144548j:plain

金沢を代表する観光スポットのひとつ「金沢21世紀美術館」。
訪れた人みんながアートに触れて笑顔になれる素敵な美術館で、思い出に残るひとときをお過ごしください!

金沢21世紀美術館

住所 石川県金沢市広坂1-2-1
TEL 076-220-2800
開館時間 展覧会ゾーン:10:00-18:00 (金・土曜日は20:00まで)
交流ゾーン:9:00-21:00 (※時短営業中)
定休日 月曜(月曜が休日の場合翌平日)、年末年始
公式Webサイト