【金沢・イベント】「ヨシタケシンスケ展かもしれない」が、6/15(土)〜7/14(日)金沢21世紀美術館にて開催! 編集部も鑑賞してきました♪

「りんごかもしれない」(2013年)で絵本作家デビュー。以降、子どものみならず大人にまで絵本ブームを巻き起こしたヨシタケシンスケさんの大規模展覧会が、ついに北陸に!6月15日(土)〜7月15日(日)の間、金沢21世紀美術館にて開催されています。

©Shinsuke Yoshitake

手のひらサイズの小さなアイデアスケッチや、絵本原画、さらに大学時代に作ったユニークな立体物など、ヨシタケシンスケさんの世界観が楽しめるものたちが、会場ににぎやかに飾られています。

「子どもも、大人も退屈せずに楽しめる展覧会にしたくて、いろいろな仕掛けをつくりました」とヨシタケさん。絵本の世界観を体感できる展覧会の見どころを、編集部が潜入してすみずみまでレポートします!

「ヨシタケシンスケ展かもしれない」潜入レポート!

ヨシタケシンスケさんの作品が大好きな編集部K。入口で、「もう ぬげない」のパネルがお出迎えしてくれて、ワクワクが止まりません!

まずは壁一面にアイデアスケッチがずら〜り!
絵本作家になる前から、メモ帳に書き溜めてあったスケッチから 2000枚以上をセレクトしたのだとか。「あ、これあの絵本のアイデアになったスケッチかも…」と想像しながら見るのも楽しいです。

上の方までぎっしり!
展示されているものを見上げるって、なんか新鮮です。 もちろん全部は見えません笑

そしてこちらは、展覧会準備のため金沢21世紀美術館に来館したときに書いたというスケッチ。

この会場限定の「ご当地スケッチ」です。ヨシタケシンスケさんならではのタッチで、おなじみの金沢21世紀美術館が描かれていて…地元民としては、感動もの!

お次は映像の展示。ええっ!私の顔が「りんご??」に?

映るたびに、りんご??のかたちが変わって何度もやりたくなっちゃいます。

こちらは、「じごくのトゲトゲイス」のコーナー。 イッ!イタタタタタタ!!! トゲの位置が絶妙!(笑) このすぐ横には、「てんごくのふかふかみち」があって、地獄と天国。どっちも体験できますよ〜。

ルーンルーン♪

体験できる展示は、他にもまだまだありますよ〜。

これは、「うるさいおとなを りんごで だまらせよう!」とのこと。 「はやくおフロはいって!」とか「ハミガキしたの?」とか…。子どものときに親に言われて嫌だったセリフをしゃべってる大人たちの口にりんごを投げ込みます!

りんごが口に入ると、やられた〜という表情とセリフに変わるので、すーっきり!

ちなみに、会場内は基本的に写真撮影OK。

かわいいイラストや立体作品がいっぱいなので、どんどん撮りたくなっちゃいます。

こちらもファンに大人気「ころべばいいのに」の作品に登場する"あの子"。

大きな立体フィギュアは、後ろ姿も愛くるしいです。

そしてもう一つ注目したいのが、 会場内のあらゆるところにひっそりと飾られているものたち…。

こういった板と板の間に、こっそりと作品が飾られているんです。

「何かあるかな〜」と宝物探しのようについつい夢中で探してしまいました♪

これは私のお気に入り、節目くん。(笑)もちろんヨシタケさんの手書きです!

会場内のどこかにいるので、ぜひ見つけてみてくださいね。

最後のお楽しみはグッズコーナー!作品の世界観をたっぷり凝縮した、かわいいグッズがたっくさんありましたよ!展覧会限定グッズは売り切れの場合もあるのでお早めに。

絵本作家・ヨシタケシンスケさんにインタビュー!

今回の展覧会について、なんとヨシタケシンスケさんご本人にお話を伺うことができました!

ー 金沢21世紀美術館での展覧会開催についてどう感じていらっしゃいますか?

金沢21世紀美術館は、ずっと来たかった憧れの美術館だったんです。今回展覧会を開催させていただけることになって、やっと来ることができました。実際来てみると、思ってた以上にアットホームな地元の方に愛されてるいい場所だなって、改めて思いました。

金沢21世紀美術館に来た時の感想を書いたスケッチ。

ー 付箋やジップロックなど、美術展示には使わないような日用品が使われているのに驚きました。どういった意図があるのでしょう?

今回の展覧会のコンセプトは「僕の頭の中」。僕の頭の中にあるものは作品になる前の未完成品で、これが何になるのか分かってない材料だけがある状態なんです。だから、雑然とした、混沌とした感じを表現するために、 付箋やジップロックといった日用品を使ってみました。
ぜひ、僕の頭の中を覗いている気持ちで、あちこち見て回ってください!

見つけたらクスッと笑ってしまうようなコメントつきのフセン。

「ヨシタケシンスケ展かもしれない」は金沢21世紀美術館で開催中!

会場内はヨシタケシンスケさんの絵本のように、見れば見るほど面白いものが見つかる仕掛けばかり。時間がいくらあっても足りないので、ぜひゆとりをもっての来場をお勧めします。(笑)

元々ファンの方も、はじめてヨシタケシンスケの世界に触れる方も大満足できること間違いなし!お子様連れはもちろん、大人だけでも十分に楽しめますよ♪

ヨシタケシンスケ展かもしれない

会期2024年6月15日(土)〜7月14日(日)
会場金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA(石川県金沢市広坂1-2-1)
開場10:00-18:00 ※土曜日は20:00まで ※入場は閉場の30分前まで ※7月14日は14:00閉場
入場料一般1,300円/中高生1,000円/小学生500円 ※未就学児無料  ※障害者手帳、療育手帳などを提示された方は無料(介助者有料)
公式webサイト