金沢はちみつの美味しさの秘密に迫る!やまぎし養蜂場に潜入してきました!【PR】

f:id:yoshida-yumi:20200629173834p:plain

おうち時間が増えて、食事に対する意識が変わり、できるだけ身体にいいもの、作り手の顔が思い浮かぶ安心安全なものを選びたいと思うようになった方、多いのではないでしょうか?

「週末、金沢。」で今回注目したのは、「金澤やまぎし養蜂場」「はちみつ」
金沢市で90年に渡って、加熱せず、余計なものを加えない、完熟の生はちみつを作り続けている「金澤やまぎし養蜂場」のスタッフさんと一緒に、どのようにはちみつが作られているのかをお伝えしていきますよ。

f:id:yoshida-yumi:20200608114650j:plain

こんにちは!
ステイホームで美意識がぐんぐん上がっている能登生まれ能登育ちの編集部Yです。
美肌のために毎日水を2リットル飲むのが目標です。目指せ田○みな実!

そんなわたしが最近気になっているのが…「はちみつ」

f:id:yoshida-yumi:20200611132029j:plain

お砂糖よりもカロリーが低くって栄養分も多いから、美容や健康にいいという話をよく聞きます。
友達がプレゼントしてくれた、金沢で作られているというやまぎし養蜂場のはちみつ、しっとりと上品な甘さで、クセになるんだよなあ。

…なんでこんなにおいしいんだ?

その秘密を知りたい!!!!
今回は、北陸最大級のはちみつ専門店である金澤やまぎし養蜂場に、どのようにはちみつが作られているのかを教えてもらうことにしました。

f:id:yoshida-yumi:20200611105018j:plain

今回案内してくれるのは、やまぎし養蜂場の養蜂部で働く坂本さん。
10年以上はちみつを作っていて、みつばち愛がハンパないお兄さんです!

20200608113412

坂本さん、今日はよろしくおねがいします!

20200608112246

よろしくおねがいします。 早速、みつばちさんたちに会いに行きましょう!

20200608113412

みつばちに「さん」をつける敬意、こりゃすごい愛を感じるぞ…

朝5時半集合!はちみつを採りにGO!

f:id:yoshida-yumi:20200608110329j:plain

はい!ということで、金沢市内の山にやってきました!(現在午前5時半)
私も、地肌とつながるありとあらゆる隙間をふさいだ養蜂スタイルに変身!
え…なんか似合いすぎてませんか?
能登で育つと養蜂家スタイルまで着こなせちゃう感じ!? 背景の緑までしっくり感。

20200608113412

それにしても 5時半って…はやい!! な、なんでこんなに早くから…

20200608112246

みつばちさんたちが集めたばかりの蜜は実は水っぽいんです。それをみつばちさんたちが羽根を使って頑張って乾かしてくれるから、とろとろのはちみつになるんですよ。

20200608112246

だからみつばちさんたちが目覚める前に、水分を飛ばしたはちみつを集めるため、この時間から採蜜しています!

20200608113401

みなさんがこんなに早くに起きて採蜜してくれているおかげで、とろとろの生はちみつが食べられているんですね。感謝…。

巣箱から巣板を取り出してチェック!

f:id:yoshida-yumi:20200608110523j:plain

早速、寝ているみつばちさんたちを起こさないように巣箱を確認していきます。
巣箱は2〜3階建てになっていて、蜜が入っているのは上の階
下の階には女王ばちさんがいて、子ども達を育てているそう。

f:id:yoshida-yumi:20200608110421j:plain うわ~~~~みつばちさんだらけ~~~~ これは密!蜜!?です!

巣板1枚にで約2000匹のみつばちさんがいるそうで、この採蜜場だけで約250万匹もいるのだとか。

f:id:yoshida-yumi:20200608110738j:plain 巣の中にいるみつばちさんたちを、ブラシでそっと払います。

巣をカッティングして、はちみつの出口を作る

f:id:yoshida-yumi:20200618120318j:plain

くっついているみつばちさんたちをそっと払って取り出した巣板には、はちみつがぎっしり。
このあとは、巣の表面をナイフでそぎ落とし、蜜を出しやすくします。

私も体験!
おうち時間の自炊で極めたナイフさばきをとくとご覧あれ!

f:id:yoshida-yumi:20200608110854j:plain いちばん右側が私です。なじみすぎて自分でも分かりませんでした。

…ギブギブ!!むずかしい!!
ぬるっとしてナイフが扱いづらいし、変なところにまで切ってしまってはちみつまでそぎ落としてしまいそう…
これは慣れたスタッフさんだからこそ為せる技だ…

大きな遠心分離機で、巣からはちみつを出す!

f:id:yoshida-yumi:20200608111006j:plain

スタッフさんたちが蜜の出口を作ってくれた巣板は、大きな円柱状の分離機へ。
このように隙間をあけて並べられ、スイッチを押すとぐるぐるとすごい速さで回転!!

うわっ!!!風が!!

f:id:yoshida-yumi:20200608111035j:plain 見えるでしょうか?早すぎて残像が残るこの感じ。

…!!! 
めちゃくちゃいい匂い~~

f:id:yoshida-yumi:20200608111132j:plain

注ぎ口からは、できたてのはちみつがとろとろと。
う~ん、絶景!
この作業をしばらくくりかえし、大きな缶いっぱいのはちみつが採れていました。

f:id:yoshida-yumi:20200608133602j:plain 朝日を浴びて、キラッキラに輝く採れたてはちみつ。この透き通った色は、アカシアの白い花の蜜が多いからなのだとか。

ちなみに、一匹のみつばちさんが一生の間につくるはちみつはスプーン1杯分ほどだそう。
人間の私たち、贅沢に贅沢に使っちゃってるけど、もっとみつばちさんに感謝しなくてはいけないですね!
かといって、アツアツのフレンチトーストにひったひたにはちみつをかけて食べるのはやめられない!!!!(だから太る)

ダイナミックな濾(こ)し作業ののち、一つひとつ瓶へ

f:id:yoshida-yumi:20200608111255j:plain

採れたてのはちみつは、すぐに工場へ。
不純物を取り除くために、おーーっきな樽でこしていきます。
通常は見ることができないのですが、特別に見せてもらいました!

f:id:yoshida-yumi:20200608111340j:plain

その景色は圧巻…!
プーさんだったらうれしくって卒倒してしまうくらいの出来たてのはちみつ。
ああ、この海で溺れることができたらどれだけ幸せか…。

せっかくなので、樽に移したあとの入れ物についたはちみつを大胆になめさせていただけることに。

採れたてのはちみつを試食させてもらいました!

f:id:yoshida-yumi:20200626121234j:plain 見てください。この喜びが抑えられない表情。

f:id:yoshida-yumi:20200608111433j:plain

…うっま~~~~!
えぐみが全くない、とぅるんとした口触り。
そして、自然の植物を感じるナチュラルな甘さ。そして上品な後味…。なんて贅沢!

美味しすぎて急に饒舌になってしまいました。

丁寧に一つひとつ瓶詰めされ、私たちの元へ

f:id:yoshida-yumi:20200618130702j:plain

この後は、厳しい検査をクリアしたはちみつだけを、人の手で一つひとつ瓶づめ
やまぎし養蜂場では、加熱せず、余計なものも加えない「完熟・生はちみつ」を販売しています。
それは、わたしたちに栄養たっぷりの「そのままのはちみつ」を食べてほしいという想いから。

こうやって、みつばちさんが頑張って集めてきた蜜を大事にするその姿勢、ステキです!

担当者インタビュー!気になる疑問、おしえてくださ〜い!

f:id:yoshida-yumi:20200608111507j:plain

どうして金沢ではちみつを作っているの?

20200608113412

そもそも、なんで金沢ではちみつを作っているんですか? 他の場所より金沢がいい理由でもあるんですか?

20200608112137

みつばちさんたちはどこから蜜を集めてきていると思いますか?

20200608113406

お花…?

20200608112205

そうです! そのお花が育つのには水が大切! 雨の多い金沢は植物が育ちやすい環境なんです。

20200608112246

そして、浅野川や犀川という大きな川が流れているのもポイント。 その支流が山間に流れているので、山の中にもたくさんのお花が咲くんです!

20200608113338

なるほど、水や自然が豊かだからこそ、蜜がたっぷりの花が咲いて、美味しいはちみつが採れるんですね!

みつばちさんを育てるのは大変!?

f:id:yoshida-yumi:20200608111551j:plain 顔のこんなに近くにみつばちさんがいても全然怖くない!羽音さえ愛おしいと感じるようになったわたし。

20200608113356

じゃあ、いいことずくめじゃないですか! わたしも作ろうかなはちみつ…

20200608112156

そう思われがちなんですが、実は大変なこともあって…

20200608113344

そうですよねそんなうまい話ないですよね

20200608112156

みつばちさんって、とってもナイーブなんです。 だから、雨が多いと嫌がるし、寒さにも弱い。

20200608112101

年間を通して雨が多くて、冬がとっても寒い金沢は、みつばちさんにとっては暮らしづらい場所なんです。

20200608113412

みつばちさん…か弱いな…守ってあげたい…

20200608112237

そう、だから私たちがあくまで自然な環境の中で、でもみつばちさんたちが暮らしやすいように1年を通してお世話をしているんです。

20200608113412

なるほど。春から夏は蜜を採っているんだろうなと思うんですが、それ以外の季節は何をしているんですか?

20200608113412

やっぱり紅葉狩りとか、山で雪遊びとか?

20200608112237

いえいえ、きちんとみつばちさんたちを守っていますよ。

20200608112205

秋はスズメバチがみつばちさんたちを襲いに来るので見張りをしたり、冬は巣箱の中が寒くならないように巣板の間隔を調整したり、あとは雪が降ったら雪合戦も…

20200608113344

しっかり遊んでるじゃないですか!

20200608112246

冗談です

f:id:yoshida-yumi:20200608114005j:plain おちゃめな坂本さんでした。

こうやって、しっかり手をかけて地元でおいしいはちみつがつくられていること、全然知らなかった。
やまぎし養蜂場さんのはちみつってなんでこんなに優しい味なんだろうって不思議だったんですが、こんなに手間ひまかけて、自然のままのはちみつを追求しているしているからこそなんですね。

お店やオンラインショップで購入できます!!

f:id:yoshida-yumi:20200609184956j:plain

金沢市内にあるお店「金澤やまぎし養蜂場 大桑店」では、たくさんの種類のはちみつを買うことができますよ!

坂本さんたちの想いも含めて、お店に並ぶはちみつを見ると、さらに、愛しさが湧いてくるなあ…

f:id:yoshida-yumi:20200611132029j:plain

写真の「金沢のはちみつ詰め合わせ(3,308円)」は、「金沢のはちみつ百花」と「国造ゆずの蜂蜜」がセットになった人気のセット。
それぞれ自然の風味が活きた、どこか懐かしく優しい味わいで、毎日食べても飽きない美味しさです。

f:id:yoshida-yumi:20200629173922j:plain

1日10個限定の「金澤巣みつソフト(830円)」も見逃せません!
自社養蜂場でとれた天然アカシア巣蜜がのった贅沢な逸品で、濃厚な巣蜜とソフトクリームが相性抜群ですよ。

f:id:yoshida-yumi:20200609185313j:plain

お店の外にはこんなフォトスポットも。
換気や消毒、飛沫防止シートの導入など、感染拡大防止の取り組みもしっかりしていましたよ!

お店は遠くて行けないな、という方や、県外に住む方に届けたいという方も安心してください。
専用のオンラインショップがあるので、そちらをチェックしてみてくださいね。

おわりに

f:id:yoshida-yumi:20200623192035j:plain

「金澤やまぎし養蜂場」がつくる金沢生まれ金沢育ちの「はちみつ」
みつばちさんのことはもちろん、はちみつを食べるわたしたちの身体のことを想って、丁寧に、手間ひまをかけて作られていることが潜入してわかりました。
一朝一夕で生まれるわけではない、その価値。
「選ぶ」ときに知っておきたいですね。友達にも勧めたい!

こんなにはちみつの話をしていたら、お腹が空いてきた…
よーし、これからもフレンチトーストにはちみつたーっぷりかけて食べるぞー!!

金澤やまぎし養蜂場 大桑店

住所 金沢市大桑町2-380
TEL 076-244-3388
営業時間 10:00-19:00(みつばちかふぇ L.O.18:00 )併設のセレクトキッチンニクータは10:00-15:00
定休日 無休
公式サイトはこちら