【野々市】焼き菓子とコーヒーのお店「てのひらコーヒー」がオープン!体に優しい素材を使った子どもも大人もうれしいおやつ♡【NEW OPEN】

石川県野々市市のてのひらコーヒー

5月11日、野々市市本町に「てのひらコーヒー」がオープン!
体に優しい材料で作る焼き菓子とコーヒーのテイクアウト専門店です♡

石川県野々市市のてのひらコーヒー

国道157号線の横宮交差点近く、「1の1 NONOICHI」から歩いてすぐの場所にオープンした「てのひらコーヒー」
白い壁のかわいいお店で、カウンターのある小窓から店主さんが笑顔で出迎えてくれますよ。

石川県野々市市のてのひらコーヒー

焼き菓子のラインナップは、クッキーにパウンドケーキ、焼込みタルト、シフォンケーキなど常時10種類ほど。温かみのある木製のディスプレイ棚に可愛く並べられています。

石川県野々市市のてのひらコーヒー

材料に使用するのは、北海道産小麦粉や石川県産の米粉、てんさい糖に太白ごま油など。小さなお子さんでも安心して食べられるようにと安心安全で身体に優しい食材を厳選しているそう。

愛情を込めて、一つひとつ丁寧に仕上げられています。

石川県野々市市のてのひらコーヒー いちごの焼込みタルト、完熟パイナップルタルト(各432円)、クッキー・ビスケット各種(129円~)

特に人気なのが、旬の果物を乗せて焼き上げる「焼込みタルト」
サクッとしたクッキー生地にアーモンドクリーム、甘酸っぱいフルーツの風味が絶妙のバランス♪

米粉で作るビスケットやクッキーは、優しい口どけと素朴な味わいで、ついついもう1つと手が止まらなくなる美味しさでした。

石川県野々市市のてのひらコーヒー

提供されるドリンクも健康志向。
店主自慢の「豆乳のアイスカフェオレ」(702円)をお試しあれ。 コーヒー豆は津幡の自家焙煎珈琲店「MOCHA STAND(モカスタンド)」が、深煎りで仕上げたオリジナルブレンドです。

たっぷりの豆乳と組み合わせ、アガペシロップで甘みをプラス。
さっぱりと飲みやすく、焼き菓子との相性もぴったりです♪

石川県野々市市のてのひらコーヒー

どのおやつも香りや食感が豊かで、何度でも食べたくなる魅力がありました!
これからの季節は、自家製シロップのかき氷やコーヒーゼリーなどのひんやりスイーツも新たに登場予定だそうで、こちらも楽しみです♡

石川県野々市市のてのひらコーヒー

こちらの方が店主の小坂あさ美さん。中能登町の人気カフェで長年パティシエを務めてきたのだそう。 妊娠・出産のため野々市に移り住んだことをきっかけに独立し、自身の店をオープンさせました。

自身も二児の母である小坂さん。
「子どもも大人も一緒に安心して毎日食べたくなるおやつを目指しています。日常のちょっとした楽しみになれば」と話してくださいました。

石川県野々市市のてのひらコーヒー

"てのひらから美味しい楽しさを届けたい"という想いが店名に込められた「てのひらコーヒー」
ちょっとした手土産としても喜ばれそうです♪

てのひらコーヒー

住所石川県野々市市本町1-38-9
営業時間11:00-17:00
定休日不定休
駐車場なし
公式Instagram


20230604220201

この記事のライター

酒井恭子(さかいきょうこ)

金沢市在住のフリーライター。TV番組制作や雑誌編集の仕事を経て、グルメ・教育・医療・子育て情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。食べ歩きが趣味で、特におにぎりやピザ、ラーメンなど炭水化物が大好物!絶賛ダイエット中です(笑)。