【ワイン初心者必見!】ワイン14本飲み比べ!好みのワインを選んでみました【PR】

f:id:ninomiya-shinta:20200722165956j:plain

ワインってなんだか敷居が高いイメージで、違いがよくわからない人も多いのではないでしょうか?
「週末、金沢。」ではワイン初心者によるワイン飲み比べを開催!
300円台のワインから1本2000円以上するものまで、初心者にぴったりなワインをテイスティング。
それぞれの違いを調査してみましたよ!

記事の後半にお気に入りワインベスト3と、一番高いと思うワインを発表
価格表もつけるので、みなさんも価格を予想しながら読んでみてくださいね。

f:id:ninomiya-shinta:20200721181638j:plain

今回ワインをご提供いただいたのは金沢市八日市にある「酒のチャンス」さん。
金沢市八日市にある、ワインをはじめたくさんのお酒を販売しているお店です。
今回は店長の佐野さんからも、飲み比べたワインについてコメントをいただいていますよ〜!

f:id:ninomiya-shinta:20200716144353j:plain

今回ワインの飲み比べをするのはこの二人!

飲み比べ挑戦者①:編集O(左の男)

ギターとテニスを愛する25歳。
尺八準師範の資格を持っている。尺八のことも愛してあげてよ。
ワインの味を聞かれたときは「おいしい」「飲みやすい」の2枚のカードで戦ってきた。

飲み比べ挑戦者②:編集Y(右の女)

広大な日本海に見守られおおらかに育った、能登生まれ能登育ちの25歳。
「すぐ飲みに行けるように」と片町まで走って行ける家に引っ越した。酔って走ると危ないよ。
ワインは大人になったらいつか味がわかる日が来ると信じ、彼女は今日もヤクルトを飲む。

20190805212309

進行の週末、金沢。編集長です。舌がバカなので今日は酒のチャンスさんからもらったカンペを駆使します

20190805212309

じゃあ早速始めようか!まずスパークリングワインからいってみよう

f:id:ninomiya-shinta:20200715122953j:plain

20200716184505

暗くて何も見えないですね

20200716184514

全部黒ワインに見えます

20190805212309

サングラスを外してくれ

<Round1>イタリアのスパークリングワイン3種飲み比べ

f:id:ninomiya-shinta:20200715122956j:plain 左からボルゴフルヴィアの「モスカート・ドルチェ」「ドルチェ」「シャルドネ」。

まずはスパークリングワインから!
今回飲み比べるのはこちらの3種類です。

ボルゴフルヴィア シャルドネ(イタリア)
ボルゴフルヴィア ドルチェ(イタリア)
ボルゴフルヴィア モスカート・ドルチェ(イタリア)

同じブランドながら、「シャルドネ」「モスカート」など異なるブドウの品種を使っているのでそれぞれ味わいは別物。
どう違うのか、飲み比べてみましょう〜!

f:id:ninomiya-shinta:20200715123000j:plain

まずは二人で「ボルゴフルヴィア シャルドネ」をいただきます!
こちらはシャルドネ100%のワインで、このシリーズで一番の辛口(甘みがない)だそう。
それでは、カンパ〜イ!

f:id:ninomiya-shinta:20200715123003j:plain ゴクリ…

f:id:ninomiya-shinta:20200715123006j:plain なるほど…

20190805212309

どう?

20200716185705

おいしい、僕から言えるのはそれだけです

20200716185649

うん、飲みやすいですね

20190805212309

早速感想のカードを使い切ってるじゃん

20190805212309

他のも飲んでみてよ

f:id:ninomiya-shinta:20200715123010j:plain グビ…

f:id:ninomiya-shinta:20200715123013j:plain

20200716185705

あー全然違う!なんかもう香りから違います

20200716185705

「シャルドネ」より「ドルチェ」のほうが後味がスッキリしてる気がします

20200716185649

「モスカート・ドルチェ」が一番甘みがあるね、なんか花みたいな香りもするような…

20190805212309

3杯飲んだらそんなグッと「わかった感」出るの?

20200716185705

比較するとワインごとの特徴が違いとして感じられるので、想像してたよりずっと比較がしやすいです

f:id:ninomiya-shinta:20200715123018j:plain 「香りが違うんだよな〜」と言いながらずっと匂いをかいでました

まとめるとこんな感じ。

f:id:ninomiya-shinta:20200721183144j:plain

二人が気に入ったワインはこちら!

f:id:ninomiya-shinta:20200715123021j:plain

20200716185705

「シャルドネ」は甘みの薄さと炭酸のバランスがかなり好みでした

20200716185649

私は「モスカート・ドルチェ」。甘さがあるとぐっと飲みやすくなりますね!

f:id:ninomiya-shinta:20200721183222j:plain

<Round2>チリのシャルドネ3種飲み比べ

f:id:ninomiya-shinta:20200715123024j:plain 左からコノスルの「レゼルバ・エスペシャル」「シャルドネ ビシクレタ」「シャルドネ・20バレル」

続いてはこちらの白ワイン3種類!

コノスル シャルドネ・ビシクレタ(チリ)
コノスル シャルドネ・レゼルバ・エスペシャル(チリ)
コノスル シャルドネ・20バレル(チリ)

こちらはブランドもブドウ品種も同じ、3本の白ワイン。 違いは製法だけなのですが、見た目にもはっきりわかる色の差がありますね。

20200716185649

自転車のパッケージ、めっちゃオシャレ!!

20200716185705

あんまり見比べたことなかったけど、パッケージにも個性があるんですね

f:id:ninomiya-shinta:20200715123026j:plain しげしげ…

20200716185705

真ん中のビシクレタが一番薄い?20バレルはもう他と完全に色が違いますね

20200716185649

20バレルの色、すごく綺麗!私はこれから飲もうっと

f:id:ninomiya-shinta:20200715152958j:plain

20200716185649

ヒエ〜〜〜酒感が強い!!!!!!

20200716185705

あ〜確かに!ちょっとウイスキーっぽくて、僕はこれ結構好きですね

f:id:ninomiya-shinta:20200715123029j:plain

20200716185649

ビシクレタは飲みやすいね、なんかフルーツっぽい!

20200716185705

さっぱりしてて美味しいですね。レゼルバ・エスペシャルもクセがなくていいな

20200716185649

この2本と20バレルの違いが製法だけだなんて…

20200716185705

奥が深いですね‪…‬

f:id:ninomiya-shinta:20200715123032j:plain しみじみとワインを飲む二人

コノスルの白ワイン飲み比べの感想をまとめました。

f:id:ninomiya-shinta:20200721183258j:plain

そして二人が選んだ好みのワインはこちら!

f:id:ninomiya-shinta:20200715123036j:plain

二人ともビシクレタがお気に入り。

20200716185649

味はもちろんですけど、ロゴやパッケージもかわいい!

20200716185705

フルーツっぽい風味もあって飲みやすいし、贈り物にもよさそうですね

f:id:ninomiya-shinta:20200721183341j:plain

<Round3>ドイツの甘口白ワイン2種飲み比べ

f:id:ninomiya-shinta:20200715123039j:plain 左から「ミッシェルシュナイダー アイスワイン」「ツェラー シュヴァルツ・カッツ」。

ツェラー シュバルツ・カッツ(ドイツ)
ミッシェルシュナイダー アイスワイン(ドイツ)

続いて、今度はドイツワイン2本。
こちらも白ワインです!

20200716185705

これもずいぶん色が違いますね

20190805212309

白ワインの甘口といえばドイツなんだって。この二つも甘口だよ

20200716185649

白ワインの甘口はドイツ‪…‬なるほど覚えました!

f:id:ninomiya-shinta:20200715123042j:plain だんだん業者さんみたいな顔つきになってきた

f:id:ninomiya-shinta:20200715123045j:plain 気のせいだった

20200716185705

ウオー!アイスワイン、めっちゃ甘い!!

20200716185649

ぶどうの甘さがギュッとワインに閉じ込められてる感じだね、シロップみたいな‪…‬

20200716185705

香りもしっかり主張してますね

20200716185649

シュバルツ・カッツのほうは自然な甘みでずっと飲めそう‪…‬

20200716185705

あ、これヤバいですね。ずっと飲めるやつ

20200716185649

試してみよ、グビグビ‪…‬

20190805212309

ずっと飲まないでね

どちらも甘口の白ワインでしたが、印象は大きく違ったようです。

f:id:ninomiya-shinta:20200721183414j:plain

甘みの出方がはっきり分かれた2本でしたが、二人の好みも分かれました。

f:id:ninomiya-shinta:20200715123048j:plain

20200716185705

強烈な甘みと存在感のある香りにやられました、新体験ってことで「アイスワイン」ですね

20200716185649

「シュヴァルツ・カッツ」のほわ〜んとした柔らかい甘さ、かなり好みかも…

f:id:ninomiya-shinta:20200721183454j:plain

<Round4>日本・アメリカ・アルゼンチンのロゼワイン3種飲み比べ

f:id:ninomiya-shinta:20200715123051j:plain 左からクマの「ジンファンデル・ロゼ」ベリンジャーの「マルベック・ロゼ」能登ワインの「マスカットベリーA・ロゼ」。

ちょっと休憩を挟んで、続いてはロゼワインの飲み比べ。

能登ワイン マスカットベリーA・ロゼ(日本)
ベリンジャー ジンファンデル・ロゼ(アメリカ)
クマ オーガニック マルベック・ロゼ(アルゼンチン)

20200716185649

能登ワインだー!これは見たことある!

f:id:ninomiya-shinta:20200715123055j:plain

20200716185649

能登ワインおいし‪…えっ!

20200716185705

どうしたんですか?

20200716185649

‬後味の引きがめちゃくちゃ早い!これはこれで飲みやすいね!

20200716185705

確かに余韻があっさりしてますね、どの食事にも合いそう

f:id:ninomiya-shinta:20200715123058j:plain

20200716185705

ベリンジャーもおいしい!すごい果汁感‪です

20200716185649

まさにフルーティーって感じ。おつまみがなくてもこれだけでずっと飲めちゃう

20200716185705

わー!!クマは主張がすごい!!

20200716185649

風味も独特だね、おいしいけど私たちにはまだ早いかも‪…‬

ロゼワインにもそれぞれ個性が!飲み比べの感想はこんな感じです。

f:id:ninomiya-shinta:20200716180837j:plain

二人の好みのワインはこちら!

f:id:ninomiya-shinta:20200715123101j:plain

編集Yは故郷、能登のワインをセレクト。

20200716185649

後味のあっさり感がよかった!気のせいかな、ちょっと懐かしい味がしました

20200716185705

「ベリンジャー」のロゼはイチゴにも似た果実感がよかったですね。休みの日はずっとこれ飲んで過ごしたい

f:id:ninomiya-shinta:20200716182311j:plain

<Round5>イタリア・スペイン・アルゼンチンの赤ワイン飲み比べ

f:id:ninomiya-shinta:20200715123104j:plain 左からトキ・アンディーノの「カベルネソーヴィニヨン レゼルバ」サトンの「カベルネ・ソーヴィニヨン」アルビオーニの「キアンティ」。

最後は赤ワイン3種!

アルビオーニ・キアンティ(イタリア)
サトン カベルネ・ソーヴィニヨン(スペイン)
トキ・アンディーノ カベルネソーヴィニヨン レゼルバ(チリ)

f:id:ninomiya-shinta:20200715123107j:plain

これまで11本のワインを飲んできて、さすがに酔いが回ってきたらしい二人。

20190805212309

これでラストだから頑張って!

f:id:ninomiya-shinta:20200715123111j:plain

20190805212309

今二人が飲んでるワインは「ミディアムボディ」と「フルボディ」のワインなんだって

20200716185649

ボディってなんですか?

20190805212309

味や香りが強い赤ワインが「フルボディ」、あっさりしていてアルコール度数も低めなのが「ライトボディ」。その中間でバランスがいいのが「ミディアムボディ」。

20190805212309

サトン カベルネ・ソーヴィニヨンが「フルボディ」、アルビオーニ キアンティが「ミディアムボディ」だね

20200716185705

サトンの方はちょっと渋みはあるけど、結構グイグイいけちゃいますね

20200716185649

「キャンティ」のほうは結構クセがある感じがする…‬

f:id:ninomiya-shinta:20200716195134j:plain

20200716185649

くぅ〜!トキ・アンディーノのワイン、結構渋いじゃん!!

20200716185705

そっちに比べるとサトンは割と飲みやすいですね

20200716185705

これが同じカベルネ・ソーヴィニヨンなんですね‪…‬

20200716185649

なんか改めてワインの奥深さを思い知らされた感じ‪…‬

赤ワインも個性豊か。感想まとめはこちら。

f:id:ninomiya-shinta:20200716211426j:plain

二人が選んだワインはこちら!

f:id:ninomiya-shinta:20200715123116j:plain

20200716185705

これはほんと香りがいいですね。かなり濃厚だけどフルーティーさもあって…

20200716185649

サトンは結構重めだけどクセがなくて飲みやすかったです!

f:id:ninomiya-shinta:20200721181352j:plain

気に入ったワインランキングと一番高いワイン予想発表!

f:id:ninomiya-shinta:20200715123120j:plain

20200716185705

すいません、これはかなり自信あります

f:id:ninomiya-shinta:20200715123123j:plain

20200716185649

マジで当てにいっちゃっていいんですよね?

では、正解は…

二人とも不正解!!!!!

f:id:ninomiya-shinta:20200715123127j:plain 全身で悔しさを表現しています

今回飲み比べたワインの価格表はこちら

品名 容量 価格
イタリア ボルゴフルヴィア シャルドネ 750ml 540円
イタリア ボルゴフルヴィア ドルチェ 750ml 540円
イタリア ボルゴフルヴィア モスカート・ドルチェ 750ml 540円
チリ コノスル シャルドネ・ビシクレタ 750ml 772円
チリ コノスル シャルドネ・レゼルバ・エスペシャル 750ml 1,111円
チリ コノスル シャルドネ 20バレル 750ml 2,354円
ドイツ ツェラー シュヴァルツ・カッツ 750ml 918円
ドイツ ミッシェルシュナイダー アイスワイン 375ml 2,047円
日本 能登ワイン マスカットベリーA・ロゼ 720ml 1,382円
アメリカ ベリンジャー ジンファンデル・ロゼ 750ml 862円
アルゼンチン クマ オーガニック マルベック・ロゼ 750ml 1,056円
イタリア アルビオーニ キャンティ 750ml 540円
スペイン サトン カベルネ・ソーヴィニヨン 750ml 322円
チリ トキ・アンディーノ
カベルネソーヴィニヨン レゼルバ
750ml 646円


20190805212309

一番高いのが「コノスル シャルドネ 20バレル」、同じ容量だと「ミッシェルシュナイダー アイスワイン」が一番高かったね

20200716185649

飲みやすいしおいしいし高いでしょ!と思ってたワイン、どれもビックリするぐらい安いね‬!

20200716185705

高かったらそのまま好みのワインってわけじゃないのがいいですね、出会う楽しみもありそうです

好みのワインをお店で相談してみよう!

f:id:ninomiya-shinta:20200721181638j:plain

甘口や辛口、渋みのあるなしはもちろん、フルーティーさや口当たりの爽やかさなどワインによって個性はいろいろ。
いろいろ試してみたい!という人は、ぜひ今回お世話になった「酒のチャンス」さんに行ってみてください!
好みの味を伝えれば、店長の佐野さんがあなたに合った一本をセレクトしてくれますよ♡

酒のカワサキグループ チャンス店

住所 石川県金沢市八日市出町933
TEL 076-249-3551
営業時間 10:00-20:00
定休日 無休
公式Webサイトで見る

最高の一杯にぜひ出会ってください♡

f:id:ninomiya-shinta:20200715123130j:plain

ワインの世界は思った以上に身近で、それでいてとっても奥深いことが改めてわかりました。
ブドウ品種の違い、国の違い、作り手や製法の違いなど、様々な要素によって味が変わるワイン。
いろいろ飲み比べたり、興味を持ったワインにチャレンジしたりしながら経験値を積み重ねていくことで、楽しみが広がるんですね。
自分にとっての最高の一杯を、ぜひ探してみてくださいね〜!