【潜入レポ】2020年夏に開館予定の『国立工芸館』の建物に潜入!

f:id:oishi-shogo:20191202083758j:plain

2020年の東京オリンピック前に開館予定の「東京国立近代美術館工芸館」、通称『国立工芸館』の建物がついに完成!
どんな美術館になるのか、潜入して聞いてきました〜!

f:id:oishi-shogo:20191128193728j:plain 「第九師団司令部庁舎」

f:id:oishi-shogo:20191202084700j:plain 「金沢偕行社」

『国立工芸館』は日本で唯一の"工芸を専門とする国立美術館"
国の登録有形文化財である旧陸軍の「第九師団司令部庁舎」「金沢偕行社」の2つの建物を移築して活用しているそう。
今回の移転で日本海側初の国立美術館が誕生することになります!

過去に撤去された部分も復原し、外壁や窓枠の色も明治期の建設当時を再現したそう。
明治のモダンな雰囲気が、金沢の風情にもぴったりです!

f:id:oishi-shogo:20191126195326j:plain ケヤキ造りの重厚な階段

ケヤキ造りの階段など明治期の洋風建築の雰囲気が残る意匠も。
建築物としても一見の価値アリです!

f:id:oishi-shogo:20191127183139j:plain 旧弘前偕行社のシャンデリアを参考に復元したもの

f:id:oishi-shogo:20191127121835j:plain 格子状の天井や漆喰の壁など当時の建築意匠を再現

作品は現工芸館が所蔵する美術工芸作品のうち、重要無形文化財保持者(人間国宝)や日本芸術院会員の作品をはじめ1900点以上が移転する予定!
東京の作品が金沢に移されるのはこれからだそうで、展示スペースは準備中。
どんな展示がされるのかワクワクしますね〜!

工芸作品の展示だけでなく、ミュージアムショップや図書ライブラリーなども設置する『国立工芸館』
金沢の新たな観光スポットになる美術館、開館まで目が離せません!

東京国立近代美術館工芸館『国立工芸館 (通称)』

住所 石川県金沢市出羽町
開館予定 2020年東京オリンピック開催前