【潜入レポ】金沢おでんの懐石料理を味わう「金澤 かが美」に潜入!高級感あふれる大人のおでんを満喫

f:id:ninomiya-shinta:20190425172147j:plain

金沢の大衆文化を象徴する料理のひとつ、「金沢おでん」
そんな金沢おでんの老舗「あまつぼ」「おでん懐石」のお店をオープンしました!

築100年以上の町家を改装した店内では、一皿ごとに洗練されたおでんが登場。
石川の食文化に新風を吹かせる「かが美」に、「週末、金沢。」が潜入してきました!

大通りから少し入った、風情ある和食料理店「金澤 かが美」

f:id:ninomiya-shinta:20190425172239j:plain

こちらが金沢市本町にある「おでん懐石 金澤 かが美」
大正時代に建てられた町家をリノベーションした、風情ある佇まいです。

f:id:ninomiya-shinta:20190425173138j:plain

f:id:ninomiya-shinta:20190425173147j:plain

カウンターでは板前さんのてきぱきとした仕事ぶりを見られます。
美しい手さばきと真剣な眼差しは、まさに職人。
登場する料理にも期待が高まります。

「かが美」自慢のコース料理「おでん懐石」を紹介!

今回オーダーしたのは、かが美の金沢おでんが堪能できる「おでん懐石(6,480円)」
「季節の前菜」と「本日のお造り」「おまかせおでん」「肉または魚料理」「酢の物」「ご飯」「デザート」が楽しめます。

f:id:ninomiya-shinta:20190425172432j:plain

まずいただいたのは「季節の前菜五種盛り」
子持ち昆布や鴨ロース、豆腐の田楽など、見た目にも美しい前菜が並びます。
一皿目からその繊細さと上質さに驚き!

f:id:ninomiya-shinta:20190425172503j:plain

次に登場したのが「白身魚のお造り」
取材当日は「ハタの薄造り」がいただけました!
その日の仕入れによって変わるそうですが、どの魚でもその鮮度は折り紙つきです。

一皿ごとに手間暇かけて仕上げた、至高の「おでん懐石」

そしていよいよおでんが登場!
こちらも季節によって最高の食材を使用しているので、時期によって内容はいろいろ。
「おでん懐石」のコースでは、7皿前後のおでんが楽しめます。

f:id:ninomiya-shinta:20190425172515j:plain

こちらは「大根」「絹揚げ」
大根の上に乗っているのは、なんとふきのとうの味噌。
鼻に抜けていく風味が、春の到来を感じさせます。

f:id:ninomiya-shinta:20190425182313j:plain

そして「トマト」「レタス」
一見おでんに見えないこちらも立派なおでん。
バジルや黒胡椒で味付けされた一皿は、まるでイタリアンのようだと驚く人も多いそう。
お出汁との相性も抜群です。

f:id:ninomiya-shinta:20190425181411j:plain

こちらは「筍(たけのこ)」「たこ」
使われているのは、春が旬の筍と能登産の岩だこ。
二つの繊細な味わいが組み合わさっている、上品なひと皿です。

f:id:ninomiya-shinta:20190425172618j:plain

そしてこちらが「牛すじ」
こちらの牛すじは、能登牛を中心とした和牛のみを使用。
お肉の中にぎゅっと詰まった、牛肉そのものの甘みを楽しめますよ。

f:id:ninomiya-shinta:20190425172636j:plain

こちらは「のどぐろ」
しゃぶしゃぶでレアにしたのどぐろに、ダシでゆっくりと熱を通した一品。
いしる・岩海苔とともにいただくことで、日本海の恵みをまるごと感じられます。

f:id:ninomiya-shinta:20190425172649j:plain

「けんちん玉子」」「わらび」」
わらびは白身魚のかまと一緒に調理することで、魚のうまみがしっかり浸透。
奥行きのある味わいとなっています。

f:id:ninomiya-shinta:20190425172707j:plain

「海老団子」」は、三つ葉とゆずで爽やかに。
まるでお吸い物のように上品な一品でした。

こちらのおでん、実は具材ごとに分けて調理されているそう。
お出汁のブレンドも具材によって変えるそうですが、それだけでは説明がつかないほど、具材によって感じる味の印象が違うんです。 たとえば「筍」と「たこ」は、同じ器ながら染み込んだ出汁の味は全くの別物。
素材から出る旨味によって、味が大きく変化するんですって。

f:id:ninomiya-shinta:20190425184924j:plain

おでんが一つのお鍋に具材を入れて煮込むのとは対照的に、こちらは「出汁」をベースに具材ごとの個性を出し、それぞれを全く別の料理に仕上げています。
手間を惜しまず質を追求した品々は、まさに「おでん懐石」と呼ぶにふさわしいですね。

まだまだ登場する、上質な料理の数々

f:id:ninomiya-shinta:20190425172828j:plain

こちらは「能登牛焼きしゃぶ うに乗せ」
能登牛の旨味とうにの甘さが絶妙に絡み合い、たまらないひと皿です。
「能登牛焼きしゃぶ うに乗せ」か「のどぐろ塩焼き」を選べるのですが、これは迷う!

f:id:ninomiya-shinta:20190425172904j:plain

f:id:ninomiya-shinta:20190425172915j:plain

「加賀棒茶飯」「能登もずく」
加賀棒茶で炊いたごはんに乗せるのは、たっぷりのとろろ昆布。
そこに出汁をかけた「加賀棒茶飯」は、身も心も温まる一杯となっています。

f:id:ninomiya-shinta:20190425172939j:plain

〆のデザートは「大根シャーベット」
さっぱりとした口当たりは、コースの〆にぴったり。

こちらも季節によって食材が変わります。
木の芽のシャーベットが楽しめるそうですよ。

f:id:ninomiya-shinta:20190425173003j:plain 並べると壮観。充実のコース内容です

金沢の伝統と文化が詰まった、大切な人と行きたいお店

f:id:ninomiya-shinta:20190425172249j:plain

料理に使われているお皿はどれも九谷焼や輪島塗、山中塗など一級品の器ばかり。
加賀五彩で彩られた店内も、金沢らしい上質さにあふれています。
このお店を通じて石川や金沢の文化に触れ、改めてこの土地の魅力を感じてほしいのだとか。
まさに石川の文化や伝統がぎゅっと詰まったお店です。

f:id:ninomiya-shinta:20190425190329j:plain

おでんに合う地酒もたくさん取り揃えているのも魅力!
お酒とともに「金沢おでん」を大人に楽しむ、粋なお店が金沢に誕生しました。
大事な宴席や大切な人と過ごすのに、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

おでん懐石 金澤 かが美

住所 石川県金沢市本町2-2-3
TEL 050-3469-3797
営業時間 11:30-14:00(L.O.13:30)
17:30-22:00(L.O.21:20)
定休日 日曜(月曜祝の場合営業、月曜休)
公式Webサイトで見る