ペパラブル・カナザワで金沢の魅力を再発見しよう!金沢と紙のコラボレーション

学生やOLを中心におしゃれな文具が大人気!
デスクやかばんの中にお気に入りのものがたくさんあると、うれしくなりますよね。
そんな中、巷で話題になっている紙文具「ペパラブル」を作っている金沢の老舗印刷会社山越さんに取材してきました!

金沢の情景を送るコミュニケーションツール「ペパラブル・カナザワ」


まずこちらを見てください!
まるでアートのように綺麗なメッセージカードや一筆箋ですよね!
f:id:sakamoto-ruri:20180704153814j:plain

こちらは友達や両親、同僚に一言をステキに伝えるためにつかう紙文具「ペパラブル・カナザワ」シリーズです!

f:id:sakamoto-ruri:20180419155613j:plain 金沢の風景を切り取ったような一筆箋。3種類、それぞれ違う風景が描かれています。写真とは違った温かなイラストで、まるで時間が緩やかに流れているかのような雰囲気です。

f:id:sakamoto-ruri:20180419155818j:plain見えてる景色を切り取るはがき窓。はがき窓から見える風景は、いつもとちょっと違うものになっているはず。

f:id:sakamoto-ruri:20180419155959j:plain 金沢を象徴する風景、冬の雪つり。折ると雪つりの形にできる便箋です。光を当てればキラキラと輝く雪つりの線がとても幻想的。

金沢のお土産にも喜ばれそうですし、県外の人に何かを送る時にこれで一筆添えるのもステキですね。
誰かに一言渡すときに、金沢の風景をお届けできる、そんなアイテムです。

「書く」を通して豊かな時間が分かち合えるのが「ペパラブル」

f:id:sakamoto-ruri:20180419155203j:plain
ペパラブルには「ペパラブル・カナザワ」シリーズの他にもたくさんの商品があります。
フラワーふせんやキャットボイスメモ、フルーツブロックメモ、こぼれメモなどなど。
豊富な種類のペパラブル商品にはどれも「紙コミュニケーション」を推進したいという、作り手の思いが詰まっています。


では、紙コミュニケーションとは?
メモやふせんに書かれた言葉で、その場が和んだり癒されたり。
そんな空気を生み出すきっかけが紙コミュニケーションです。
ちょっとしたことを伝える時にペパラブルを使うことで、もらった人もほっこりしますよね。
ペパラブルを通して、いつもよりちょっとあったかい「紙コミュニケーション」をしてみませんか?
毎日のコミュニケーションがもっと楽しくなりますよ!

かわいい「ペパラブル」を買うならここ!

f:id:sakamoto-ruri:20180419162235j:plain
ペパラブル・カナザワシリーズは、めいてつ・エムザ文具売場、黒門小路など、金沢各地で販売中。
ほかペパラブル各シリーズの商品は、ビーンズ金沢明文堂書店、うつのみや金沢香林坊店、石川県外では関東圏を中心に東急ハンズ、ロフト各店などで発売中です!
ネット通販なら公式ネット通販「一筆館」をぜひご利用ください!

「ペパラブル」を買うならここ!




株式会社山越

住所 石川県金沢市千木町ル70番1
TEL 076-257-9101
公式Webサイトで見る