【2017年最新版】小さめ・小分けスイーツが喜ばれる! 女子にぴったり可愛い金沢の手土産4選!

小さめ・小分けスイーツが選ばれる理由

「手土産」というとなんだかお固い印象になってしまいますが、友達や上司の家にお邪魔する時に持っていく「お菓子・スイーツ」だと思うと、けっこう身近ですよね。
そんな手土産ですが、生ものや大きなものは敬遠されがち。
人数が多くてその場ですぐ食べられるなら大丈夫ですが、大きなものを持っていくと切り分ける手間が増えちゃいます。
余った生ものの手土産も、持ち帰ったのをすっかり忘れて、気がついたら食べられなくなっていてしょんぼり…なんて経験のあるひとも多いのではないでしょうか。
コンパクトで日持ちのするものが、手土産では喜ばれる傾向にあります。
今回は「コンパクトで長持ち」をテーマに、金沢のかわいい手土産を3つご紹介します。

マフィンみたいな「ふやき」!見た目と違った食べ方のふやきおーれ

f:id:sakamoto-ruri:20171220111730j:plain

かわいいマフィンの正体は、もち米を使った和菓子素材「ふやき」。
カップに入れて、ザクザクと割ってミルクを注げば、ちょっと変わったスイーツが完成!
中には玄米フレークとレーズン、フルーツフレーバーが入っていて、朝食にもぴったり。栄養たっぷりで低カロリーなのも魅力。
イチゴ、バナナ、抹茶のフレーバーがあり、やさしい甘さにほっと心和みます。

カフェ百番や

住所 石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街くつろぎ館2F
TEL 076-208-3003
営業時間 10:00-20:30
定休日 無休
店舗サイトで見る


最中に閉じ込めたジェラートから漂う、ルビーロマンの芳醇な香り!

f:id:sakamoto-ruri:20171220140121j:plain コロンとかわいいピンクの最中に入っているのは、ルビーロマンを使ったジェラート。
「宝石に一番近い果実」と言われる石川生まれの希少なぶどう・ルビーロマンを、ジェラート1個に約1粒半使い、フレッシュな美味しさをギュッと閉じ込めました。
濃厚でいて爽やかな甘み、果実をそのまま味わっているようなジューシー感が口いっぱいに広がります。

四十萬谷本舗 金沢南店

住所 石川県野々市市上林5-5
TEL 076-248-8090
営業時間 10:00-19:00
定休日 水曜


加賀野菜を用いた甘い蜜菓子は、女子心をくすぐる可愛さ

f:id:sakamoto-ruri:20171220142954j:plain

加賀野菜を中心に、季節の野菜を水と砂糖類だけでゆっくり丁寧に蜜漬けしました。
昔ながらの砂糖漬けを現代風にアレンジした「蜜菓子」は、素材ごとに砂糖との相性やバランスが考えられ、風味や色を保ちながら水分が絶妙に調整されています。
みずみずしさの残る大根やフルーティーな甘さが凝縮されたトマトなど、季節に応じて5種類ほどが並びます。

奈加川

住所 石川県金沢市東山1-1-15
TEL 076-254-1158
営業時間 10:00−17:00頃
定休日 火曜(祝日の場合営業)


 友達への手土産に、焼き芋バウムクーヘンはほっこりあたたか

f:id:sakamoto-ruri:20171220143021j:plain

ほっこりした小さめサイズがかわいいバウムクーヘン。
見た目から「普通の味なのかな…?」と思いきや、一口食べてみると、焼き芋のほっこりした甘さが口の中に広がる。
サツマイモの生産農家である「かわに」が、五郎島金時をオーブンでじっくり焼き、手作業でカットしてからペーストに。それを生地に練りこんで焼き上げました。
五郎島金時の美味しさがたっぷり感じられます。

かわに

住所 石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街あんと内
TEL 076-232-1288
営業時間 8:30-20:00
定休日 「金沢百番街」に準ずる


TPOによって喜ばれる手土産は違う!相手に喜ばれる手土産を持って行こう

今回紹介した手土産は、どれも見た目がかわいくておいしい手土産ばかり。
「どれを選んだらいいかわからない!」と悩んでしまうこともあるかもしれません。
そんなときは、持っていくシチュエーションを意識しましょう!
みんなで一緒に持ち寄ったスイーツを食べるようなパーティーなら「かわに」のバウムクーヘン、持ち帰ってお家で楽しんでもらうなら「カフェ百番や」のふやきオーレなど、渡した相手の状況を想像すると選びやすいです。
もらってうれしいコンパクトな手土産選び、楽しんでください!